読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

IT omoe

ITのこと知らないんですけどIT関連のことを気ままに綴ります

エンジニアのカレシがつおいので紹介します

これはQiitaのアドカレ2016カノジョできてるエンジニア の9日目の記事です.

qiita.com

※この記事はこれから出てくる迫くんを必要以上に持ち上げて楽しむ自己満なネタ記事です.本人に確認してないので内容は筆者の妄想がほとんどです.若干惚気成分も配合されているかと思いますので,気分を害する可能性のある方はそっとブラウザバック願います.

はじめに

このアドカレを作った張本人でもあるカノジョできてるエンジニアの迫くん.1日目の記事を読んでこんな風になりたいなーと思った人もいるのではないでしょうか.知る人ぞ知る迫くん.恐らく色々な人に色々な認識をされているのではないでしょうか. 「雑食日記の人」「モザイクの人」「機械学習の人」「学生フリーエンジニア」「LiTメンター」...などなど.そう,彼は時としてブロガーであり,エンジニアであり,そして彼女とイチャつくどこにでもいそうな大学生なのです.そんな彼のどこに人は惹きつけられるのか.彼の本当の凄さとは...?そこらのインタビュー記事では知ることのできない魅力をカノジョの目線から徹底解剖していきたいと思います!!

Who is 迫くん?

f:id:ottosan84:20161205112350j:plain:w300
そもそも迫くんって誰?という人もこの記事を読んでいるひとの中にはいるでしょう. 彼のホームページに記されている自己紹介はこうです.

立命館大学理工学部機械システム系ロボティクス学科2回生の迫 佑樹です. Webプログラミング,iOSプログラミングが好きです. 面白いことを発見するとどんどん首を突っ込んでしまう性格をしており,様々なことに手を付けています.

ほむほむ.ついでに彼のブログのプロフィールはこう.

立命館大学理工学部ロボティクス学科在学中

TechAcademyやTECH::CAMPなどのスクールに通いプログラミングを学びました.

Life is Techでメンターとして中高生にプログラミングを教えながら,自分でもプログラミング講座を開いたり,学生フリーランスエンジニアとして受託開発を行ったりしています.

iPhoneアプリWebサービス,ロボット,VR,IoT,LINEスタンプ作成に興味があります.

こっちの方が少し詳しいですね.まあ,これで少しは彼がどんな人かわかったのではないでしょうか.「なんかすごそう」ってのを感じていただければ十分だと思います.

ひと目で分かる凄さ

さて,なんとなくすごそうな人だなというのはわかったのですが具体的にどうすごいの?っていうのを見ていきたいと思います.まずはひと目で分かる凄さから.これらに関しては私が特に書かなくても他の人が書いてたりするんで引用大会になります.

数々の受賞歴

昨年に作ったWebアプリ「たのみあげ」で2つの賞をもらっていたり
techacademy.jp

ハッカソンで優勝してたり

be-ars.colopl.co.jp

今年11月に開催されたソフトウェアコンテスト「あいちゃれ 2016」では3つも受賞しています.

www.yukisako.xyz

学生でありながらエンジニアとして働いている

デート代を稼いでくれてます
www.yukisako.xyz

まあ専門的な技術がいるバイトは時給3000円くらいしますよね.

www.ryukke.com

プログラミングを教えている

自分でやるだけじゃなくて色んな人にプログラミングを教えています.
中高生に教えていたり

www.yukisako.xyz

自分でプログラミング教室を開講しちゃったり

www.yukisako.xyz

プログラミングだけじゃなくても基本的に教えるのがうまいですし,話がわかりやすいです.

ブログでも稼ぐ

彼のブログも結構読まれており,何回も複数のニュースアプリに載っています.こういうのとか.

www.yukisako.xyz

f:id:ottosan84:20161205150200p:plain:w400

彼の記事を楽しみにしている人は結構いるみたいですよ.

学校の成績もトップ

f:id:ottosan84:20161201214956p:plain:w500

プログラミングはできるけど学校の成績が...とかいう人,よくいませんか?迫くんは学校の成績も優秀なんです.去年は学科で1位でした.今年の前期も1科目がA,それ以外全てが最高評価のA+でGPA4.88という脅威.

A嫌やん.AやとGPA下る.

というのが最近の名言.複数の人から睨まれそう.ちなみにうちの大学はA+,A,B,C,Fの5段階評価.A+を5,Aを4,Bを3…として単位数分かけあわせていった合計を全単位数で割った平均がGPAです.参考に言うと,私みたいな凡人はGPA4.48とかです.

何でそんなに強いの?

ここから彼を1年以上近くで見続けてきた私が私なりの考察を述べていきたいと思います.

何でも根本から理解している

www.yukisako.xyz

彼は絶対に公式を覚えません.覚えているものもあるでしょうが,それは最低限のもの,または何度も使っているうちに覚えたものです.公式を覚えている時間があれば,その時間を根本的な理解をするのに使います.恐らく,根本的理解をすることは公式を覚えるよりも時間がかかることが多いでしょう.しかし,一度暗記してしまうと,特に理系科目では積み重ねが大事ですから次々と意味もわからず暗記することが多くなっていき,いつかは破産します.逆に,一度根本から理解したことはいくらでも応用が効きますし,忘れることはありません.ですから,暗記するより根本的な理解をした方がいい,少し察しのいい人なら誰もがそれに気付いているはずです.でも頭わかっていてもそれをなかなか実践できないのが現状だと思います.根本的なところから理解させてくれる先生なんて一握りですし,公式の導出なんてそうテストに出るものでもありません.目先の利益にとらわれて暗記に走ってしまう人が多いのではないでしょうか.そんな時に,目先の利益にとらわれず,先のことを考えてきちんと理解するのが彼の偉大なところだと思います.というか,わからないまま覚えさせられるというのが嫌だという性分であるというのもあると思います.

そういった根本からの理解が,高成績や高い技術力を支えているのだと思います.

仕事が速い

一般的には,こんなことが言われます.

大学生活で両立できるのは授業、サークル(部活)、バイト、恋愛のどれか2つだけ

しかし先述したように,彼はどれをとっても完璧にこなしています.その実体を追ってみました.

  • 超効率的

超効率的です.といういか,めんどくさいことは速く済ませて,自分のやりたいことや興味のあることに時間を割きます. 例えばこれ.英語のプレゼンとスポーツとサイエンス(一般教養)で出すアイディアを使いまわして両方で高評価をもらっちゃってます. f:id:ottosan84:20161201170823p:plain:w600
これ以外にも使いまわしの前科はたくさんあります.別に使いまわしが良いとは言いませんが,確かにこれだと労力が半減されますよね.

このように,とにかく無駄なことを嫌がります.でも,物事を効率的に進めるための努力は惜しみません.例えばこんなものを作っちゃったりしてます.Markdownで書いたレポートをそのままTeXに変換してくれるツールです.

www.yukisako.xyz

TeXって最終的にはきれいに書けるけど色々ごちゃごちゃ書くのがめんどくさいですよね.そんな時に役立つのがこのツールです.毎回毎回「めんどくさいな〜」と思いながらTeXを書くより,時間はとられるかもしれませんが一度このようなツールを作ってしまった方が後々楽ですね.

そんな感じで面倒なことや重要じゃないことはぱぱっと終わらしちゃいます.

でも,物事を効率的に進めるための努力っていうのはエンジニアとして大事なことだと思います.だってエンジニアの役目そのものがそういうものじゃないですか?私たちの生活の中で面倒なことや不便なことをより便利にするためのシステムを考え,つくるというのがエンジニアの仕事の内の1つだと思います.普段からそういった意識がないと,良いエンジニアにはなれないのではないでしょうか.

  • 時間の使い方がうまい

「忙しい忙しい」「タスクに潰されそう」「今日は3時間しか寝てない」

そんなことを言っている人,よく見かけますよね(特にツイッター上で).でも,迫くんは絶対にそんなことは言いません.そういうことを言わないというポリシーなのもありますが,基本的に時間に使い方が上手いのです.

忙しい人でも,工夫次第で気軽に勉強ができます!! 忙しいこと,時間がないことを言い訳にして,学ぶことを放棄するのはもったいないです.

効率最重視!! 現役大学生オススメの5種類の勉強法 - ロボット・IT雑食日記

その場でできることは後まわしにせずに一瞬で終わらせます.それから,授業では内職します☆通学時間も無駄にしません.

みんなが通学通勤時間ってどう過ごしてるのかなーって思ったことがあります. 寝たり,だらだらLINEしたりボーっとしたりする人も多いと思うんですが,ちょっともったいない気もしますよね. 僕の場合,通学に片道1時間半,そのうち1時間は電車の中. 往復2時間×学校に行く日200日とすると約4000時間,一年間で電車に乗っていると. 4000時間あればなんかすごいスキルつけれそう. ってことで,最近やってるんですが,PDFファイルをダウンロードして読んでいます. PDFビューアアプリさえ携帯やタブレットに入れておけば,ネットで無料で転がってるPDFが読み放題. 実際の本とかだと座りながらじゃないと読めませんが,PDFなら立っていても,多少電車が混んでいても読めます.

満員電車でもできるはず,PDF読んで知識つけてみよう?(個人的に読みたいエンジニア向けPDFまとめ) - ロボット・IT雑食日記

このような時間の使い方をしてくれているおかげでカノジョとの時間もたくさん確保できるってわけです☆

  • 理解が速い

何か新しいことを学び始めたときの理解の速さ,飲み込みの速さはすごいです.「なにこれわかんない〜」っていうLINEが来て,しばらくしたら「すごい!これめっちゃ便利!!!」って感じのLINEが飛んで来るんですよね.こっちからしたらほえぇって感じです.このようにしてどんどん新しい技術を身に着けていくわけですね.

努力を惜しまない

先程,めんどうなことや無駄なことはやらないという話をしましたが,努力するべきところや時間を割くべきところには割きます.テスト前に何回も問題を解き直したり,こんなのを作ったり

www.yukisako.xyz

ちゃんと自分なりの勉強法を確立しているんですよね.

www.yukisako.xyz

それから,大事な発表の前はプレゼンの練習を何回もしたり...
f:id:ottosan84:20161201172505p:plain:w500
(※この写真を撮る前は真面目にやってました)

あの高成績や技術力の裏には地味な努力があったんですね!ちゃんと努力できるというのは1つの才能だと思いますよ.やればできるのになかなかやらない(やれない?)という人はたくさんいますからね.

後,投資するべきところには投資します.

www.yukisako.xyz

このように,無駄なこと,興味のないことは最低限の労力で終わらせ,重要なこと,興味のあることには十分な時間と労力,ときにはお金も投資する.そのメリハリの積み重ねが今の彼を形作っているわけです!

逆に興味のないことに関しては全くの無関心です.一番わかり易いのはファッションですね. f:id:ottosan84:20161208113803j:plain:w400
これ,全部違う日の写真なんですけど,なんかところところ服被ってますよね.まあだいたいジャージです.デートでもジャージです.ALWAYSジャージです.

失敗を恐れない行動力

冒頭にもあったように,迫くんは少しでも興味を持ったことにはすぐに首を突っ込みます.こういうのとか

これはちょっと前にWebサイトにVRが埋め込めることを知って感動した勢いで作ったやつですね.「あ,これやりたいな」って思っても実行に移すのってなかなか難しいですよね.こんな感じに忙しくても一瞬でものを作っちゃう行動力ってすごいと思います.ですから,私がなんとなく「ここいきたいな〜」って言ったらすぐに調べて「次の◯曜日にここ行こー!」って言ってくれてよいよいって感じです.
それから失敗を恐れないっていうのもいいところだと思います.どうしようどうしようと考える前にとりあえず行動.文法とか考える前にとりあえず思いついた英単語を発してみる.そこに知り合い(?)がいたらとりあえず絡んでみる.そういうところは私には真似出来ないなと思います.

楽しむ

なんやかんや,性格で得してのかなってところはあります.超ポジティブなとことか.
忙しくてもどんなにタスクに追われていても彼はそれを否定的には捉えません.むしろ楽しんでやってます.

エンジニアのカノジョであれば,納期前の忙しさには理解があります. そのため,エンジニア同士カップルならばおしゃれなカフェ・バーでのプログラミングデートなんてのもできちゃうわけです. やることいっぱいあったり,追われてると気分も沈みますが,2人でやればそれも楽しく!

カノジョできてるエンジニアAdvent Calendar 1日目 - ロボット・IT雑食日記

また,ただ楽しむだけでなく,こういうことをしたら嫌になるから,こうしたら楽しくできるんじゃないかという客観的分析をもとに楽しむ工夫もしてるわけです.

私は,おもしろくない仕事はしたくないという主義なので,自分が楽しいと思うことかつ成長できるアルバイトを選んで行ってきました.

大学生がフリーエンジニアとして働いてみた話 - ロボット・IT雑食日記

さいごに

長々と書きましたが,まだまだ紹介しきれてない部分がたくさんあると思います.でもまあとりあえず「迫くんみたいになりたい」とか「迫くんと同じ景色を見たい」という人は少し参考にしてみたらいいかなーと思います! 最後まで読んで下さりありがとうございました!!